マクロビオティック理論とは?

「マクロビオティック理論」は、日本の伝統食をお手本とする簡素で自然な食事法を実践し、「心」と「体」の健康を維持しようという考え方です。玄米穀物を食事中心とし、加工や精製せず、自然の恵みを自然なまま取り入れ、食べ物で陰陽のバランスを整える食事法は、アメリカでは約400万人が実践しているといわれるほか、世界的な評価を得ています。